お葬式

新しい葬式のやり方

冠婚葬祭

故人を見送るために行なう大事な儀式は、いろいろな形で執り行うことが出来ます。近年は、費用うあ返礼品を抑えるために、近親者のみで行なう家族葬が話題で最先端といっても過言ではないでしょう。

詳細を確認する

近親者のみで行なう

身内だけで行う家族葬が出来る業者を紹介しているサイトです。評判良い所に任せておくのが安心ですよね。

虚飾を排したお葬式を行なう

葬儀

冠婚葬祭のセレモニーは、自分達を注目してもらうためのイベントではありません。一般的に近年のこうしたイベントは出来るだけお金をかけて派手に行った方が良いと言うイメージが生まれていますが、それは冠婚葬祭に含まれている本来の精神性が欠如した結果だと言えるでしょう。 特にお葬式は故人の死後行なわれるものですから、派手に行ったところで故人の得になる事は何一つありません。 近年はこうした傾向を見直す人達も多様に生まれており、お葬式を行なう際は家族葬を求める方も存在しています。 家族葬とは弔問客をお断りして、家族や身近な親族だけで行なうお葬式です。 家族葬にかかる平均相場は約49.3万円ですから、一般的なお葬式や結婚式より遥かに安価な事が分かります。

1990年代からの変化

人間の死がある所に、必ずお葬式に近しいセレモニーは存在しています。宗教や地域性の違いによりその形式には差がありますが、葬祭儀礼は古代の頃から人間社会に存在していたのです。 縄文時代には食べ終わった貝を祭る場所さえ存在していたと言われています。 現在、日本に現存するお葬式は仏教儀礼として知られています。 一方近年多くのお客様にご利用いただいている「家族葬」は、1990年代に生み出されたお葬式方法です。 そもそも1990年代から通夜や告別式を排した直葬を行なう方々も増えており、お葬式全般に縮小化の傾向が見られ始めました。 もとよりお葬式は大々的に行なえば良いと言うものでもありませんので、こうした流れは時代の変化に応じて多くの方々に許容されているのです。

希望の予算に合わせてプランを展開してくれます。葬式を行なうためにこちらの業者に相談をしておこう。電話でも対応しています。

高齢者が1人で行なうと苦労してしまうでしょう。遺品整理を西宮で活動している専門会社に依頼することで問題を解決することができます。

手間を省いた式

お葬式

最近は葬儀がどんどんシンプルになってきています。最小限まで葬儀費用を抑えることができるのが直葬です。直葬とは火葬だけして葬儀を終わらせることです。火葬代しかかからず、身内しか参加しないので接待費も不要です。

詳細を確認する

負担軽減が出来る

葬式

故人が亡くなると手続きなどやる事が多々ありますから、精神的に疲れてしまうでしょう。ただ、家族像など参列者に気を遣う場面がありませんから、精神的負担の軽減が期待出来ます。

詳細を確認する