葬儀

負担軽減が出来る

家族だけで行うお葬式

葬式

家族だけで執り行うお葬式のことを家族葬といいます。同居家族のみというような厳密なきまりはないため、希望があれば親族が参列する場合もあります。家族葬には、参列者に気を配ることなく、心身共に負担が軽減されるというメリットがあります。そのため、故人を偲び、お別れをするための時間がゆっくりとることができるのです。 家族葬を行う場合であっても、一般的な葬儀社にお葬式の依頼をします。一方で、家族葬の場合は、一般の方に参列をご遠慮頂くため、その旨を記した文書を用意します。香典や供花も御断りしたい場合は、その点も周知しておく必要があります。中には、後日亡くなられたことをお知らせするはがきを郵送する方もいらっしゃいます。

費用面でのメリットについて

近年、家族葬を選ぶ方が増えているのですが、中には経済的理由を口にする方が多くいらっしゃいます。お葬式の費用を用意できないという方、お葬式に費用をかけたくないと希望する方が増えているのです。 家族葬の場合、一般の方が参列されないため、返礼品やお料理の準備が不要です。また、会場も小さいところで済むので、会場使用料も安くなります。そのほか、祭壇を大きく飾らない方が多く、棺を花で飾るだけという方もいます。そのため、結果的に一般葬よりも安くなるというわけです。 しかし、参列をお断りしても、どうしてもという形で後日弔問に見える方が必ずいらっしゃいます。その際に失礼のないように、若干数の返礼品の用意はしておいた方がよいでしょう。