葬儀

手間を省いた式

最近普及しているお葬式

お葬式

葬儀は人が死んだらとり行うお別れのセレモニーです。昔は仮通夜や本通夜、葬儀、告別式といった形式の仏式の葬式を行うのが普通でしたが、今はそのような格式ばったお葬式をやる人が少なくなってきています。 時間をかけたくない、コストを抑えたい、葬儀をしても呼ぶ人がいないという人に人気なのが直葬です。直葬は別名火葬式とも言われていて、昨今急速に普及しているお葬式です。お葬式といっても儀式ばったことはほとんどせず、火葬場で火葬をするだけでです。火葬だけなので火葬費用しかからず、最小限までコストを抑えることができます。また、会葬者に対して料理を出して接待したり、香典返しを用意したりする必要もないため手間も省けます。

身内だけの葬儀の注意点

直葬や火葬式はリーズナブルな費用で出来ます。葬儀費用は平均的に200万円はかかると言われていますが、直葬なら20万円くらいあればできる所もあります。ただし、葬儀屋によっては30万円以上かかることもあり、事前に見積もりを取ることが大切です。 直葬は故人の身内だけで行うのが普通です。そのため、故人が亡くなったことを知らない友人がいる可能性があります。もしも身内で亡くなった人がいて直葬をすることになったら、亡くなったということを故人の親しかった友人や知人たちに後にしっかり知らせておくことが大事です。 直葬と同じように低コストで出来る家族葬を行う場合も同じで、身内だけで家族葬を行う場合は、故人の友人や知人たちに亡くなった旨を通知しておく必要があります。