葬儀

新しい葬式のやり方

社会の変化と家族葬の歴史

冠婚葬祭

死に関するセレモニーは、時代や地域に応じて変化するのが一般的です。 一昔前の日本には地域社会が生きており、村人が亡くなった場合、お葬式は村をあげて弔問するのが一般的でした。 一方近年では成長するに従って故郷から上京し、都会で暮らす方々が増えています。村社会が成り立っていない地域で生活している人にとって一昔前のような大々的な葬儀を行なう必要はなく、こうした時代に合わせて1990年代から家族葬と言うお葬式が生まれました。 家族葬は、家族や親族と言った故人にとってごく親しい人達だけを集めて行なうお葬式です。弔問するお客様をお断りしていますので、飲食費や返礼品の費用を抑えられるメリットも存在しています。 家族葬は現代に生きる日本人にとって最先端のお葬式であると言う事ができます。

故人のためのお葬式を行なう

一般葬を行なう場合、日程の調整はとても難しいものです。故人にとって親しい人達が来れる日にちを調整しようと思えば、葬儀を行う日が定まらないと言っても過言ではありません。 一方家族葬は弔問のお客様をお断りするお葬式ですから、そうした問題が持ち上がりません。 お葬式は本来故人をお弔いするためのものです。亡くなった後に人間関係の問題に配慮していては、故人にとって失礼に当たります。家族葬は、亡くなった人を心から悼むために最も効率的なお葬式であると言う事ができます。 現在家族葬は、多くの場合家族と親族以外の弔問のお客様を排していますが、例え家族葬の通達を出しても、本当に親しい親友は足を運びたいものです。今後はこうした方を集められる形の家族葬が生み出されるようになるでしょう。